365日をJ棟で

大学院生の諸々日記。なるべく、のんびり。

繋がらなくとも身体を癒やしてくれる、チーちゃん。(Blavor Qi ワイヤレスチャージャー)

f:id:squaredjackets:20181010232129j:image

 

ケータイの充電といえばケーブルを使った有線接続が主流ですが、昨年発売のiPhone 8(X)からは背面がガラスパネルになり、ワイヤレス充電の国際規格であるQi(チー)に対応しています。(Android端末では数年前から対応していたようですが)

 

研究室の机には充電器を常備しているものの、移動の際にいちいちケーブルを抜き差しするのが面倒なので、ポンと置くだけのワイヤレスチャージャーは便利そう。

毎度おなじみAmazonに力を借り、お試しで安価なQiのチャージャーを購入。

 

f:id:squaredjackets:20181010232752j:image

 

 

このチャージャーはQC3.0のアダプタも付属しているため、 iPhoneにおける7.5Wの急速ワイヤレス充電にも対応。iOS端末自体はQC規格には非対応のため、このアダプタとLightningケーブルを繋いだ有線接続では、通常のアダプタを使用した場合と同じ5W入力になるそうです。対応しているのは、あくまでもチャージャー側のみ。

QC3.0の発信元であるクァルコムのロゴも入ってるし、一応、安心安全な品としておきたい。一応…
別に今ドキ、中国製は爆発しがちとか危険とか、そういう目で見ているわけでもないんですけどね。

 

~~~~~~~~~~

 

f:id:squaredjackets:20181011182945j:plain

(PCの汚いウェブカメラによるデスク景。フリスクうめえ) 

 

今のトコロ、普通に充電もできるし、サイズ感や使い勝手も悪くない。

こういった安価な製品のレビューにありがちな「値段の割に高級感のある見た目ですね!」なんて吐く程どうでもいい陳腐・オブ・馬琴(BUMP OF CHICKEN)なことを言うわけにはいかないのですが、値段の割に高級感のある見た目です。オエェェェエエェェエエ!!!!!

別にどうだっていいだろ。そういう奴はサァ、どうせチープカシオのレビューをするときに「高級感の欠片もない見た目ですが、このチープさが逆にオシャレ感を演出しています!」なんて言うんだろうサァ。適当なこと言ってればソレっぽくなるもんだけどサァ、あんまり信用できないぜサァ。

 

1万円でデカめのお釣りがくる割には、なかなかどうして割と結構かなり良い。ステンレスのズッシリ感と光沢に安っぽさもないです。老舗企業なだけあって、普及ラインでも手抜きはしないのだなぁ。

 オエェェェエエェェエエ!!!!!(サハラ砂漠のド真ん中で)

 

~~~~~~~~~~ 

 

iPhone Xsは本体が重く、背面もツルンとしたガラスなので、チャージャーが斜めの状態では本体がスーッと滑ってしまうのが難点ですが、平べったいデスクの上では無問題でしょう。

新着メール等を確認したい場合、視認性の高いスタンド型のチャージャーを使うのも手ですが、僕はしょっちゅう連絡が来るような人間でもないので(悲しみの日本海)、平置き型でもチリバツケーオー。

当分の間、お世話になります。