365日をJ棟で

サラリーマンの諸々日記。なるべく、のんびり。

LOS ANGELES APPARELの14Oz.ヘビーフリーススウェット。

f:id:squaredjackets:20210917191242j:image

スウェットシャツは好きだけど、スウェットパンツって穿いたことないな〜と。

中学時代のヤンチャ系男女=上下スウェットorジャージのイメージが今も若干残っており、街着には厳しいと思っていた。しかし、ステイホームブームにより洒落こいた要ケア素材の服は見向きされない昨今。ただでさえアイビー、ストリートとユーザーの多いスウェットブームに更なる拍車がかかり、ついにはスウェットパンツまで街に溢れ出した。

そして今回の買い物をした直後、グラフペーパー×ループウィラー、カップアンドコーンが続け様に初リリースのスウェットパンツを発表した。来ている、確実に来ている…

今の時代って、ちゃんとした格好をしてどこかに行くっていう気分ではないんだろうね。カジュアルな服装でどこにでも行けてしまうから。そういう意味ではスエットでオッケーな時代になったよね。カジュアル化がかなり進んでる。これで行けないお店なんてないっていうか。〈エルメス〉のお店に行くときですら大丈夫だと思うよ。店員さんもそんなに気にしないはず。

エルメスまで行けるかどうかはさておき、僕もこの楽なムーブメントに乗っかってしまいます。

 

f:id:squaredjackets:20210917191149j:image

良い写真が撮れる気がしなかったので、ロスアパのHPより拝借しました。

HF-07 - 14oz. Heavy Fleece Pullover Crewneck Sweatshirt

本題、ロサンゼルスアパレル(以下ロスアパ)のスウェットを上下で買った。

普通のヘビーオンスなスウェットはトップスが白黒灰紺、パンツが白黒灰のラインアップなので、セットアップを試すなら色は3つに絞られる。

アッシュグレーのスウェットは昨年カップアンドコーンで買ったし、気に入っていたユナイテッドアスレの黒スウェット(12.7オンス)もサイズが小さくなって恋人に譲ったので、今回は黒を再びワードローブに加えた。白とグレーのセットアップは慣れていないせいか、送致中の犯罪者っぽい雰囲気がしそうでね…

 

f:id:squaredjackets:20210917192042j:image

別に黒だからといって受刑者感が薄まるわけでもない。

まぁ分かりきってたことだけど、めちゃ楽や…そらヤンキー達も一日中着ているわけだ。14オンスという凶器じみた数字だけど、そんなに重くないし、硬くもないし、寧ろ軽くて柔らかい感じすらある。少しガサっとした、ドライな触り心地。裏起毛でフワフワ。

サイズ表やショップの着用写真と睨めっこを繰り返しながら悩んだ末、177cm, 68kgでサイズは上下ともにLを選んだ。

アメリカンなサイジングなのもあって、身幅が大きく着丈が短いボックス型。腰回りのリブがキツく、スペックより着丈が短く感じるのも特徴。実にストレスフリーな着心地。

ズボンは丈が少し余るので、乾燥機に入れて2cmぐらい縮めばバンザイかな。予め製品洗いをかけてある製品でも、思いっきり熱をかけると更に縮んだりする。ヘビーオンスのスウェットはハンガーに干すと確実に伸びるので、乾燥機でカチカチに乾かしきるのも好き。

 

f:id:squaredjackets:20210917193813j:image

タグに表示される縫い子はキャリア32年のヴィセンテさん

ロスアパは製品に米国産の綿を50%以上使用したり、米国内生産を貫いたり、逆に珍しく感じるほどU.S.A.的フィーリングが強く出ている。

2017年設立、話題の新ブランド「ロサンゼルスアパレル」。実はこちら、「アメアパ」こと「アメリカンアパレル」の創設者でありながら、2014年に解雇されてしまったダブ・チャウニー氏が立ち上げたブランド。同氏は、その後すぐに倒産したアメアパから生地や工場を買い取り、長年共に働いたスタッフ350人を連れこのブランドを設立。商品展開やロゴデザインもそっくりですが、LA自社工場での徹底した品質管理、労働環境や給料を高い水準に保つなど、経営理念もアメアパ時代と同様。アメアパの権利はギルダン社が取得しましたが、米国製を縮小する方針。実質、ネーム以外は全てこのLAアパレルが引き継いだ様な形となっており、今後の展開に大変注目が集まっております。

だそうです。労働者にしっかり還元されていることが公言されているのは、買う側としてもちょっと嬉しいことやね。来年の春夏はロスアパのTシャツも試していきたい所存。

秋冬もすぐそこまで迫っているので、ノーティカのリブソックス、ニューバランスの2002Rで"快適U.S.A.生活 in JAPAN"を送ろうと思います。まぁどっちもアジア製だけど。ところで最近お店で見かける992、同じ米国製の993や990V4,5よりも職人技っぽい感じが強いのは何故なんだろうね。あれめっちゃカッコいいよね、高くて買えんが。