365日をJ棟で

サラリーマンの諸々日記。なるべく、のんびり。

Sans limiteのブロードボックスワイドスプレッドシャツ。

ヌルッと迎えた新年、未だに一年が始まった感を得られずにいる。コロナ禍で帰省を自粛したせいか、はたまた友人と徹夜でSEKIROを攻略していたせいか。

気分を晴れやかにすべく、Sans limite(サンリミット)のシャツを買い足した。

 

f:id:squaredjackets:20210107191116j:image

Sans limite W1801104 SH04B

定番シャツの一つであるワイドスプレッドカラー(SH04)をベースに、肩幅と身幅を広く取った"準"定番とも言えるボックスシリーズ。所有するレギュラーカラーのSH01Bと形は一緒で、生地&襟型が異なる。店頭に足を運べない今、見知った型番であれば買い増しも怖くない。

 

f:id:squaredjackets:20210107183036j:image

デザイナーの門田さんが「普通のブロード」と説明する生地。薄手でサラッとした触り心地。サックスブルーはギャルソンのアレに比べると一段薄く、角が取れた優しい色合い。

細かく丁寧に打ち込まれたミシン使い。3本針や0番手ステッチの様なサンリミット式の狂気は見えないけれど、物言わぬ強さを感じる。洗うことで細かなパッカリングが生じる。

 

f:id:squaredjackets:20210107183829j:image

襟が横に広がるシャツ(カッタウェイと呼ぶそう)を着るのは初めて。普通の襟が下向きにポイントしたシャツの場合、第一ボタンを開ける or 開けないの方針が割と早い段階で決まってくるけれど、これはどちらで着ても良い。硬そうに見える襟も、芯地が無いため洗濯でケロケロに馴染む。

 


f:id:squaredjackets:20210107184125j:image

f:id:squaredjackets:20210107184122j:image

洗濯前、洗濯後。伝わるんか。
新品のシャツに袖を通してみた第一印象は「思いのほかデカい」だった。何度も洗ったSH01Bを着てみると、サイズがクッと縮んでいたことに気付いた。

個人的には空気がフワッと入るボックスシャツをアイロン無しで着るのが好きだけれど、レギュラーシルエットのシャツをジャストサイズでカッチリ着るのも大いにアリだと思う。サイズ展開も豊富(XXS〜XXL)なので、多種多様なラインアップの中から、誰でも自分に似合う1枚が見つかるはず。

 

f:id:squaredjackets:20210106011034j:image

コムデギャルソンシャツ出身のパタンナーによる…という紹介も最早要らないほど、ポパイを始めとするカルチャー系のメディアへ頻繁に露出しているサンリミット。その割に、インフルエンサービジネスに未だ侵食されていない稀有なブランドでもある。

TwitterもInstagramも無い、あるのは淡々と営業情報、新作商品(と音楽系YouTubeのリンク)が投稿されるTumbler(Sans limite)のみ。着画はトルソーだけ。直営ECの存在感は薄め。

全てを語り尽くしてストーリー付けして売り出す時代に、言葉少なに最高のプロダクトを産み落とし続ける。その硬派な姿勢に惹かれているのだと思う。とにかく、一度袖を通せば分かる。

別に僕が買わなくとも長く続いていくブランドだとは思うけれど、どうか10年、20年先も買い続けさせてほしいという願いも込めて、2021年の初買いと致します。

あ、本年も当ブログをどうぞ宜しくお願い致します。