365日をJ棟で

大学院生の諸々日記。なるべく、のんびり。

2018年に聴いた音楽について。

いつのまにか12月も終盤戦。

2018年はApple Musicを始めたことで、沢山のアルバムに出会いました。

年間ベストを何枚か選んで記事にする…というのをやろうと思うも…簡潔にまとめようと努める→書きたいことが多くなってくる→無理っす、を繰り返しボツ。別に音楽評論や物書きとしてご飯を食べるつもりもないし、テキトーに書きゃいいんだろうけど…

今年聴いた新譜(2018年リリース作)は以下の通りです。だいたい全部よかった、というか嫌いな新譜って基本的に無いんですけど、特に良かったものは星付き。

★→ふとした瞬間にリピートしちゃう1枚

★★★→初聴き時にドえらい衝撃を受けたもの、年間ベストを選ぶならコレ

★★★★★→ぶっちぎりんご

 

5つ星は2枚。邦洋1枚ずつ。

 

That's a Computer / Lucas Pino's No Net Nonet

 

That's a Computer

That's a Computer

  • Lucas Pino
  • ジャズ
  • ¥1500

 

NY在住のサックス奏者、ルーカス・ピノが率いるノネット(9重奏)の3作目。ツイッターで共有した時の反応も良かった1枚。

 

 

インプロ用のオープンなスペースと、ユニゾン用のwell-writtenなセクションの配合比率に非の打ち所がなくて、各パートのダイナミクス・細かなニュアンスも完璧。コンボジャズとオーケストラの間にある"ラージアンサンブル"のイメージにスポン!とハマった感じが(自分の中で)爆ウケしています。 

やってることはコンテンポラリーだけど、ラージアンサンブル的なフルート、フリューゲルホルンetc…などの楽器の持ち替えはほぼゼロで、あくまでトラッドなクインテットセクステットの延長線上にある音。

今のご時世、凝った編成で凝ったアレンジで凝りに凝ったことをやる…のが流行ってるのかは分かりませんが、この編成でここまで完成度の高い演奏をやられると、僕はビッグバンドやオーケストラに何を期待すべきなのか、、、迷子になりそうです。

(メトロポール・オーケストラと共演したジェイコブ・コリアーの"Djesse"は、そういった期待を超えるどころか、もはや音楽としての完全体に向かいつつあるなと感じました)

Djesse (Vol. 1)

Djesse (Vol. 1)

  • ジェイコブ・コリアー, メトロポール・オーケストラ & ジュールス・バックリー
  • ジャズ
  • ¥1300

 

ピアノには一昨年に来日公演を観てから大ファンになったグレン・ザレスキー、ドラムには僕のヒーローであるチャド・レフコウィッツ・ブラウンやニア・フェルダーとの共演も多いジミー・マクブライドが参加。現代ジャズ的には、狭間美帆のm_unitに参加しているアンドリュー・グトウスカス(読み方あってる?)が気になりポイントでしょうか。リーダーのルーカス・ピノも、新世代のサックス奏者としてはチャドと共に頭一つ抜けた上手さです。

掛け値なしに最高、シビれる1枚。

 

 

平成 / 折坂悠太

 

Heisei

Heisei

  • 折坂悠太
  • J-Pop
  • ¥1800

 

プロアマ問わず、色んなところで年間ベストに挙がっているので、今さらナンチャラコウチャラ言うても仕方ないのですが…

 

平成元年生まれのシンガーソングライター・折坂悠太さんの、終わりゆく平成に想いを馳せた1枚。

フォークにカントリー、ジプシー、ブルーグラスのルーツミュージックと、浪曲から現代のJ-POPまでを取り込んだ日本歌謡が、1つの枠組みに違和感なく収まっているのが超気持ちいい!長岡亮介さんの、カントリーをロック・ポップスのフォームに落とし込んだサウンドとも違う、もっと直接的な音。

折坂さんの持つ異国的な匂いを出せる、本人が"合奏"と呼んでいるミュージシャン陣も素晴らしいです。心技体、すべてが揃った渾身のパフォーマンス。

邦楽は星野源の"アイデア"と今週リリースされた"Pop Virus"でアガリかなと思い込んでいたので、このアルバム(と長谷川白紙さんの"草木萌動")の衝撃をリアルタイムで味わえたのは嬉しい限り。

「邦楽の全盛期はもう終わったな」と嘆く前に、どうか、どうか一度でいいので、折坂悠太に触れておくんなまし。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

「クァ〜!今年も良いのようけ聴いたわ!来年大丈夫かいな?」と毎年のように要らん心配をしていますが、なんやかんやで毎年最高は更新され続けるんですよね。2019年が今から楽しみです。

 

↓2018年リリースで聴いたアルバムたち。随時追加。

Heaven and Earth / Kamasi Washington

Doubtless / Jure Pukl ★

Chris Dave & The Drumhedz / Chris Dave & The Drumhedz

Superorganism / Superorganism ★

Modern Lore / Julian Lage 

ye / Kanye West

Both Directions At Once / John Coltrane 

It's All Right With Three / Will Vinson 

The Ashtray / Suchmos 

Poly Life Multi Soul / cero 

Time / Louis Cole ★★★

分離派の夏 / 小袋成彬

Live in Europe / Fred Hersch Trio ★

Channels of Energy / Antonio Sanchez 

Ventriloquism / Meshell Ndegeocello 

Hive Mind / The Internet

OCEAN feat.NAZ, パスワード feat.長岡亮介 / 冨田ラボ

Collagically Speaking / R+R=NOW

Apricot Princess / Rex Orange County

What is Love? EP / TWICE ★★★

I Want You Back EP / TWICE ★

Summer Nights / TWICE 

BDZ / TWICE 

A Hundrum Stars / Go Go Penguin

NASIR / Nas

Quartet / Bob Reynolds

Still Dreaming / Joshua Redman

Emotinal Heat 4 A Cold Generation / JIL

アンビバレント / 欅坂46 

シンクロニシティ / 乃木坂46 

イデア / 星野源 ★★★

Casas / Rubel 

Nobody Has To Know / Onra 

Ask for Chaos / Gilad Hekselman ★

LOVE YOURSELF 結 'Answer' / BTS 

Blow! / Donny McCasiln 

Hope World / j-hope ★

That's a Computer / Lucas Pino ★★★★★

Little Big / Aaron Parks 

In Common / Walter Smith III 

Seasons / Ben Wendel 

Pillars / Tyshawn Sorey

scenes / aqubi ★

13th floor / Eric Harland ★

Standard Sessions / Chad Lefkowitz-Brown 

(04:30) Idler / Jamie Isaac 

Soul Station / Eli Degibri

Pocket Change / Nate Smith ★★★

The Buffering Cocoon / Jason Lindner's Now vs Now

Learn to Live / John Escreet 

Live at the Village Vanguard, Vol.1 / Steve Coleman ★

Origami Harvest / Ambrose Akinmusire

Wilkes / Sam Wilkes

No Arrival / Nick Finzer

Here & Now Live in NYC / Nick Finzer

Lady Lady / Masego

Swimming / Mac Miller 

Oxnard / Anderson .Paak ★

Livre / Antonio Loureiro ★

平成 / 折坂悠太 ★★★★★

Cells #2 / 波多野敦子 

Combo 66 / John Scofield

Crescent Moon Waining / Kip Hanrahan

Safe In The Hands Of Love / Yves Tumor

People Of The Sun / Marcus Strickland's Twi-Life ★★★

Easter (EP) / Ashley Henry & The RE: Ensemble ★

Your Queen Is A Reptile / Sons Of Kemet ★

Double Negative / Low 

Something About Rainbows / Preston - Glasgow - Lowe ★

Wolastoqiyik Lintuwakonawa / Jeremy Dutcher ★★★

Lines In The Sand / Antonio Sanchez ★

A BRIEF INQUIRY INTO ONLINE RELATIONSHIPS / THE 1975 ★★★

Presence (feat. The Captin Black Big Band) / Orrin Evans

L'Heure Bleue / 原田知世

For 2 Akis / Shinya Fukumori Trio

Beyond Sunday / Jorge Rossy Vibes Quintet

Reloading City / ものんくる 

Djesse (Vol.1) / Jacob Collier ★★★

Eclipse / Joey Alexander

Inchocate with the Light go I / He Was Eaten By Owls

Rio - San Paulo / Andre Marques

草木萌動 / 長谷川白紙 ★

Vortex / Wayne Escoffery

POP VIRUS / 星野源

At the Edge of the World / Aaron Goldberg ★

Christian Mcbride's New Jawn / Christian Mcbride

Flathead Buggy / Rudy Royston

Trilogy 2 / Chick Corea Trio ★

Sunward Bound / Art Hirahara

Beloved of the Sky / Renee Rosnes

Shadow Train / Sachal Vasandani ★

AINOU / 中村佳穂 ★

球体 / 三浦大知 ★★★

Atwood Suites / Andrew Rathbun Large Ensemble

Character Study / Andrew Rathbun