365日をJ棟で

大学院生の諸々日記。なるべく、のんびり。

伸びろ、木偶の坊。(成人後も身長は伸びるかどうかについて)

身長を伸ばしたいと急に思い立ったのは、昨年の夏。

 

骨端線が閉じると成長は止まる、というのは一般的によく知られていますし、今年で25歳になる僕の成長期はとっくに終わっています。

 

 

しかし、僕には身長を伸ばす可能性を秘めた、1つの大きな伸び代があります。

 

それは…姿勢が悪いこと。

 

猫背、反り腰、巻き肩、骨盤の高さが左右非対称、脚の長さが違う、左足より右足の方が1cm近く大きい、その他諸々…

これらの歪みから引き起こされるのは、慢性的な股関節痛、時たま訪れる酷い肩こり・頭痛、靴選びの悩み、最悪スタイル、下半身デブ。

いい加減、これらの悩みとはオサラバしたいと考え、本屋さんで色々探している中で見つけたのがコチラ。

 

 

 

 
要は、歪んだり縮こまったりしている部分を正すことで、身体本来の姿を取り戻そう!というアレ。その副作用として、身長が伸びるというアレ。僕にはうってつけの本です。

というわけで、この本に書いてあるストレッチの何種類かをやったりやらなかったり、サボったり三日坊主になったり。
(実は、12月から整体にも通っていたのですが、費用面が大変なことと、僕自身がめんどくさがり屋なこともあり、2ヶ月も続かず辞めてしまいました)

 

やってみた感じ、身体の歪みそのものの改善出来ていないと思うのですが、ふとした瞬間に「あ、いま猫背になってる」と姿勢に意識が向くように。歩き方や座り方にも気を遣うようになりました。小さな気付き、大きな収穫。

 

で、毎年4月に行われる大学の定期健康診断。これまでの成果が試される場であります。

 
2017年→176.4cm
2018年→176.8cm

 

ストレッチ計画に取り組んだのは2017年の9月からなので、7ヶ月で4mm伸びたようです。

サボりまくっていた期間も多かったので、継続して本気で取り組めばもっと背も伸びるんでない?と勝手に期待しています。これからもずっと継続していこう。

 

次なる課題は、体力・筋力の無さすぎるこの貧弱な身体をどうにかすること。

先日、ジャズ研時代の友人に誘われて初めてボルダリングに行ったのですが、2時間ほどで腕に力が入らなくなり、翌日はハイパー筋肉痛+ぎっくり腰の再発で2日間寝込み。
腕立て伏せは10回で顔が真っ赤、懸垂にいたっては1回も出来ません。
1月にあった学科のマラソン大会では3.5kmほどのコースで逝去寸前、しかも順位は70/97位。

 

ここから先は更に衰える一方だと思うので、大学(院)生活を終えるまでには一般的な身体になりたいトコロです…