365日をJ棟で

大学院生の諸々日記。なるべく、のんびり。

GUのマーセライズドTシャツ。

先週は少し肌寒く、シャツ+薄手のコートでちょうどよかったのに、急に暑くなりましたね。今日はTシャツ1枚で外出しちゃいました。

 

昨年買ったレッドキャップのパックTがクタクタ&汚れてしまったため、今夏用の白Tを買いに行く予定が、SとXLしか売っていなくて涙。

帰る前に何となく寄ったGUで、良さげなイキフンのTシャツを見つけました。

 

 f:id:squaredjackets:20180421173720j:image

 

(白Tちゃうやんけ…)

マーセライズドTシャツ。990円也。

苛性ソーダに繊維をヒタヒタして、絹のような質感に近付けるアレらしいです。シルケット加工とも。

以前欲しいと思っていたシルケット加工のTシャツは1万円近くしていたため、GU価格スゲェ!ってなりました。

パック入りで直接触ることができないため、透ける心配のある白を買うのは怖いなぁ…と思い、紺を購入。

紺Tは白Tと違って透ける心配がないため、わざわざオーバーサイズ、ヘビーオンスのモノを買わなくても良いなと感じています。普通であればあるほど嬉しい。 

GUのTシャツ、略してGUT(贓物)はその辺をクリアしていて、普通感に満ち満ちています。

 

 f:id:squaredjackets:20180421184743j:image

 (汚い)

 

触り心地はツルン、サラッ、ツヤッの三拍子。同じ価格でもガサッとしているユニクロUの無地Tとは真逆の方向性。ギャルソンフォーエバーのTシャツにツヤを与えまくった感じ。

洗濯して耐久性が大丈夫なら、白も買おうかと思います。

 

濃紺のウールスラックスに合わせて、今夏はツヤツヤマンです。