365日をJ棟で

サラリーマンの諸々日記。なるべく、のんびり。

BarbourのBeaufort Waxed Cotton。

f:id:squaredjackets:20201017222507j:image

Barbour Beaufort (Regular, 38)

なんか、買ってもうた。

良い感じのアウターを探す旅の中で、いったんバブアーいっとく?という興味本位が財布の紐をスルスルと緩めた。あれだけ悩んでいたのに、決まる時は一瞬やね。

 

f:id:squaredjackets:20201018221756j:image

バブアー(Barbour)のオイルドジャケット。英国紳士のマストアイテム…みたいな取り上げられ方がされ過ぎているブランドだけれど、どうなんでしょうね。イギリス人は多分そんなにバブアーやバーバリーは着ていないだろうし、フランス人は多分そんなにセントジェームスやパラブーツを持ってはいないだろうし、アメリカ人は多分そんなにブルックス・ブラザーズ(略)。言うほど日本人がナンタラ屋で燕尾服や着物を仕立てている訳ではないと思うし、メディア側が"語れるポイント"欲しさに適当ブッこくのって、現地の方々にまぁまぁ失礼なのではと感じる。

ちなみに現行のバブアーは旧来の動物性油脂ではなく植物性油脂を使用しているので、古着の様に臭いが出ることはほとんど無いということもスタッフの方から説明されたので記しておきたい。ウエストンでも「過去には少しタイトなフィッティング(いわゆる万力締め)を提案していた時期もあるが、現在は全くない」という話をされたので、過去の情報からアップデート出来ていないメディア様はPV数稼ぎより先にやることがあるのでは?と思う。

 

f:id:squaredjackets:20201018223640j:image

今日買ったポパイも入り、手ぶらで帰宅できた。

バブアー内でも形の似た"ビデイル"(乗馬用ジャケットがモチーフ)と迷った中で"ビューフォート"にした決め手は、背面のゲームポケット。かなりの収納力があるので手荷物は勿論、雑誌や自転車に乗る際にチェーンロックなんかも入れておけるので何かと便利。「テアトラのデバイスコートを買えば良いじゃん」というのは本当に僕もそう思う。

 

f:id:squaredjackets:20201018223710j:image

Tシャツ1枚だと肌が裏地に触れて蒸れ蒸れハイパー爆弾になるので、早くセーターが着たい。

フィットはスリム(SL)、レギュラー、オーバーサイズの3つがあって、最もスタンダードなレギュラーを選択した。これはもう「英国の服に袖を通すのに日本の血が通ったSLを着るのはちょっと」というイキり心に他ならない。と言いつつゴールドウィン企画のノースフェイスで普通に買い物をしているので、この辺はダブルスタンダードや思うて鼻で笑っていただければ幸いどす。そもそもバブアーも生産国が英国以外にシフト(ビューフォートはモルドバ製)しているので、SL云々のクダリ自体がナンセンスではある。

f:id:squaredjackets:20201018092650j:image

「20代のボクらが欲しいもの」と銘打った物欲系ムック。過去に立ち読みした際、確かヴィンテージのエクスプローラーIやクラシックカーの様な非現実的なアイテムも紹介されていて「まぁ20代では買わんだろうな〜」と思っていたのが、気が付けば表紙の兄ちゃんが手にしているビューフォートもゴルフも所有している。どちらも自分の稼ぎで買ったと思うと妙に感慨深い。

ちなみに同じく表紙に写ったギャルソンのフォーエバーシャツは見事にサイズアウトしたので手放しました。サンリミットに行った際の「ウチのデザイナー(門田さん)も着るシャツのサイズが年々上がってきてるんですよ」という一言を思い出す。着れなくなったら素直に手放して、サイズを上げましょう。

 

f:id:squaredjackets:20201018225311j:image

中崎町の"もなか珈琲"、雰囲気も良くて素晴らしい!

…そういえば書き忘れていたけれど、先週から休職が明けて職場復帰しています。一時と比較して随分と心身ともに落ち着いたので、またのんびり&ゆっくり、一からやり直す気持ちで過ごしていきます。

自分への復職祝い&休職前に担当していたプロジェクトが社内の成果報償に引っ掛かったようで金一封が戴けるということで、今回バブアーを手にしたのでした。めでたしめでたし。

PROPPERのRipstop BDU Trouser。

サブのクレジットカードとして使っている三井住友VISAカードは"Vポイント"なるものがあり、それがいつの間にか10,000ポイントも貯まっていたのだけれど、使い道が分からず寝かせていた。ところがこれが楽天ポイントに変換できるらしく、しかも変換率が1:1(10月から引き下げ)だという。

 

f:id:squaredjackets:20201007174416j:image

Propper BDU Trouser (M/S)

そういうわけで変換したポイントを使って、今日も今日とて実質タダで買い物。タダより高いものは無い。

エリックハンターの太いズボンが気に入っていて、2年近く穿き続けているのが近年のズボン事情。破れたり薄くなったりもせず、チープなアメリカ感からは想像出来ないぐらい生地はタフ。しかしウエストゴムは緩くなってきていて、財布やスマホを入れると重みで"Hello"しそうになる。一応、1本ストック買いしてはいるものの、綿100%のエリックハンターは数が少なく(少なくとも日本国内では)安定供給されていない。

ということで綿100%、ゴムパンではない、形は太い、耐久性があって、いつでも買える、そんな条件を満たしてくれそうなプロッパーのBDUパンツを買った。調べたらナンボでも歴史やディテールを書いた記事は出てくるので、諸々を端折り気味で書きやす。

 

f:id:squaredjackets:20201007180751j:image

ベルトループも付いているのでサイズ合わせに苦労しない

リップストップの生地。格子状に強度のある糸を入れることで引き裂き強度を上げた、実用性のある生地。この格子模様が好きでない時期があったけれど、最近になってカッコよく見えてきた。格子の糸にはナイロンが使われるようだけど、タグには綿100%としか記載されていない。混紡量が1%未満だからOK的な?

また、腰にはウエストサイズを調節可能なアジャスターが付いている。多少の体重変化にはビクともしない点はゴムパンと同じ。

 

f:id:squaredjackets:20201007180214j:image

絞るor絞らない

裾はドローストリングで絞れる方式。自転車に乗るとギアに裾が入ってズボンが破れる危険性があるので、ロールアップして極端なクロップド丈にするか、ズボンの裾を絞るかの二択になる。どちらの穿き方も出来るので、プロッパーは便利に使えそう。ドローストリングがハミ出してフロントディレイラーに挟まる…なんてことを想像しただけで血の気が引くけれど。

 

f:id:squaredjackets:20201007180555j:image

個性があるようで実際はワン・オブ・ゼムでしかない、ニューバランスとの相性は当然100点。サイズはミディアム×ショートで丁度いい感じ。洗濯することで丈が数cm縮むみたいなので、そのうち具合が良くなってくるのではと思う。

望み通りの一本が新たに手に入ったので、また調子の良い日々を過ごせそうです。

 

【10/9 追記】乾燥機に入れると、金具が熱々になって火傷しそうになるので気をつけてね(実体験)

CUP AND CONEのForward Weave Crew。

f:id:squaredjackets:20201001140842j:image

CUP AND CONE Forward Weave Crew (Size: 2)

ループウィラーを買ったばかりだけれども。CUP AND CONE(カップアンドコーン)の新作スウェットを買った。

半年前からリリースを心待ちにしていたオリジナルのフーディ/クルーネック。発売日に心臓をバクバクさせながら待機し、光の速さでカートに入れた。1,2分で売り切れた様なので、今回は争奪戦に打ち勝てた。(PS5のAmazon予約は敗北)

 

f:id:squaredjackets:20201001140800j:image

オートミールっぽい色に見えて実際はグレーだけど上手く撮れないし、あとリブの色は写真ほど濃くない。

ディテールや拘りは依田さんのブログを熟読していただくとして、既製品で納得できるスウェットが無かったことから生まれたというアイテム。

スウェットは何枚あっても困ることはないし、困ったことに何枚でも欲しくなる。好きな形なら尚更。詰まった首周り、少し短めの丈、かなりデカい身幅、萌え袖にならず溜まる袖。非ラグランスリーブでありながら肩の落ち具合も良いし、何より着心地が素晴らしい。

 

同ブランドのTシャツ(ボディはアルスタイル)を入れると重ね着が上手くいくので、合わせの最適解が初めから分かっているのも便利。インナー用として着るためだけにアルスタイルの無地T(安くて良い)を追加で買い、コインランドリーの乾燥機で限界まで縮めた。ちなみに177cm, 68kgでスウェットはサイズ2、TシャツはXLで買うている。

 

f:id:squaredjackets:20201001163330j:image

ニット帽、Tシャツ、ズボンに続き、カップアンドコーンには次々とお世話になる日々。

価格も考慮すると、スウェットの上がりはコレで良い気がする。安定供給までは当分かかりそうだけど、ロングセラーとして何年も先まで買える品になってほしい。サンリミットもそうだけど、こういったインディペンデントなブランドの良いアイテムは大好きだし、今後ともお金を落とし続けていきたいなと思います。

数日後に黒もリリースされるので、お買い上げどうぞ。