365日をJ棟で

サラリーマンの諸々日記。買い物、音楽、日常。

続・COMME des GARÇONS HOMME PLUSのデイパック。

f:id:squaredjackets:20240403235929j:image

コムデギャルソンオムプリュスの定番リュック(デイパック)を購入してから3年半ほど経過した。

このブログは私物の購入品紹介が多く、はてな公式のピックアップを除けば検索流入でアクセス数を稼いでいる。にもかかわらず、いわゆる経年(○ヶ月後、△年後)のエントリが極めて少ない。要はサボり続けている。「商品の紹介しっぱなしって無責任だよな〜」と普段から思っているにもかかわらず、持ち前の継続力の低さが邪魔をする。

 

f:id:squaredjackets:20240404190316j:image23年、東京神田にて。なにぶん使い勝手が良いもので。

さて、このリュックについて簡潔に述べると、とても気に入っている。

上記エントリの通り、このリュックは2020年11月に直営店で購入した。価格や仕様のアップデートについては把握していないが、定番品として現在も店舗展開があるモデルだと認識している。

そもそも私、リュックが好き。バッグはあまり所有しておらず、仕事を除く私生活ではyo asaのショルダートート、Arc'teryxのMantis 2、L.L.Beanのグローサリートート、そして先日加わった土屋鞄のブックトートぐらいしか使わない。あとは通勤用にBACHのBIKE2B、アウトドア用にmont-bellのメッシュギアコンテナがあるぐらい。

基本的に両手は自由にしておきたいタイプなので、外出時のお供は背負うことができるプリュスのリュックが第一候補だ。

 

f:id:squaredjackets:20240403234535j:image23年、風が強すぎる箱根にて。これで一泊分の荷物入ってます。

私が所有しているのは、大小ふたつから選べるうち大きいほうのサイズ。アウトドア社やエルベシャプリエ社に代表される、一般的な2ポケットのデイパックとしてはかなり大きい。

日帰りは当然として、一泊の旅行ぐらいなら十分に対応可能な容量を持つ。無印のパラグライダークロス衣装ケース、ミステリーランチのゾイドバッグ(スマホの充電器、ポーチ、シェーバーetc.)を詰めて、体感では「パンパンだけどパツパツではない」レベル。ちなみに荷物を詰め込みすぎると、丸っこい亀の甲羅を背負っているように見えるので注意。

 

f:id:squaredjackets:20240403235119j:imageさすが、というポイントとしてはファスナーの動きが軽く引っ掛かりが少ないこと。

外ポケットにはアトマイザーに入れた香水、消毒液、イヤホンあたりを入れることが多い。この辺のディテールも、ベーシックなデイパックそのもの。

なおジップ周りは止水タイプではない。ナイロン生地は水を弾きこそするが防水ではないため、雨水には注意されたし。

 

f:id:squaredjackets:20240403235139j:imageフニャン。

以下は「大好きな特徴である」一方で「強いて言うなら」という点。

このデイパックは背面にパッドや芯材が存在せず、いわゆる背抜きの状態がデフォルト。内容物の重みでフォルムがダランと崩れることがスタイルの前提である。この「崩れ感」を活かしながらフィット感を上げるため、肩ストラップをキツめに引っ張って背負うのが個人的な好み。代償として各ポケットへのアクセスが悪くなり、片方の肩で背負った状態でバッグを前に持ってきて…という状態が少しやりにくい。一応、バッグの両サイドには指を引っ掛けるための「耳」があるにはあるが。

他にもバッグの中身が固定されず常にゴロゴロ動き回るため、内容物が整理された状態はひと時も存在しない。当然書類なんて入れたらグシャグシャになる。重要なドキュメントを運ぶことに期待してこのリュックを背負うならば、バッグインバッグ(仕切りグッズ)は必須だろう。ノートPCも収納できるメッシュポケットがあるにはあるが、背負うとPC自体が背面パッドとして機能するので、それなりに背中が痛い。

逆に言うと、整理整頓が苦手な人(私)にとって荷物がバラける特性は却って気楽だし、骨子となるパーツが入っていないということは型崩れを気にすることなく洗えるということでもある。メリットとデメリットは表裏一体。購入を検討されている方は、利用目的と照らし合わせてお考えを。

 

f:id:squaredjackets:20240403235236j:imageメインジップ内側の糸が飛び出してるのは最初からだっけ?
f:id:squaredjackets:20240403235245j:image肩パッド自体は綺麗だが、ストラップは少し色が剥げてきた。
f:id:squaredjackets:20240403235241j:imageYKKのジッパーも金具の塗装が少し剥げてきたベロンと見える輪っかが先述した「耳」である。

耐久性はどうか。今のところ破損箇所はゼロで、ぱっと見で分かるような使用感も無い。週に一回は背負うかな?というレベルなので、通勤・通学でヘビーユースする場合とでは(主に日光と摩擦による)消耗の度合いが大きく異なることに留意してほしい。以前、駅で迫力ある擦り切れ&褪色をしたデイパックを背負った中年女性を見かけたが、そのぐらいハードに扱ってもなお壊れないのだろう。(そろそろ買い替えたら?というレベルではあったが…)

ナイロン製なので、特に懸念事項なく洗える。本当はシーズンごとに洗濯するのが理想だけど、今のところ年イチ未満のペースか。この記事を書きつつ、そういえば洗っていなかったなと自身のズボラさに気付く。随所にレザーパッチが付いているが、洗い上がりのケアさえ忘れなければドンドン洗っても問題ないかと。保革は無色のデリケートクリームがあればベストだが、無ければハンドクリームの薄塗り→古靴下でゴシゴシ…これだけでも十分だろう。

 

f:id:squaredjackets:20240403234836j:image

というわけで3年経った今も、まだまだ序盤というほどには長く使えるアイテムだと感じている。もちろん色褪せや破れ、ジッパーの破損といった不可避の経年劣化は今後起こりうるが、その時にも別途レポートできたらと思う。

リピート買いするか?という問いには、間違いなくイェス。デイパックというアイテム自体が好きだが、一般に想像されるバッグより二周りほど大きいサイズ感、ダランと崩れる可愛いシルエット、堅牢な造りといった多くの要素に満足している。

24年4月現在の定価は28,000円ちょっとらしい?ので、私が買った時より幾分か値上げしていると思うが、それでもまだまだリーズナブルな印象。

 

f:id:squaredjackets:20240403235918j:image

ナイロンもいつかはベタベタになるであろう。

私にとって「一生使える」という意味での一生物は存在せず、あるとすれば「何度壊れても販売されている限り買い続けるほど気に入っている物」あるいは「何が好きかという価値観を決定づけるマイルストーンたる物」だけ。

当バッグを愛用している川久保玲さんのご年齢もあるし、ブランドの相続・方針次第で取り扱われなくなる可能性はあるにせよ、ギャルソンのデイパックは現時点での一生物の一つと言っても良い。そのぐらい好きなアイテムです。

土屋鞄の〈ブラックヌメ〉ブックトート。

f:id:squaredjackets:20240330200050j:image

昨秋にスーツを誂えてから、セットで使えるカバンも欲しいなと思いつづけていた。

スーツを着る機会が極端に少ないため、ビジネス用バッグは6年ぐらい前に買ったビジネスレザーファクトリーのシンプルな手提げカバンを使っていた。あまり満足はしていなかったが、使用頻度を考慮すると当時はエイヤッ!と気合いの入った価格帯のブランドからは選べなかったので妥当。

ところがそれなりに値の張るスーツを買うと、なんとなくそれに釣り合うようなバッグも欲しくなるという人間の性が以下略…

はじめは〈大峡製鞄〉に目をつけていたものの、代表モデルのダレスバッグはクラシックを跳び越えて少し堅すぎる印象を受けたし、なにより実物は思っていた以上にデカ厚だった。〈ザ・ロウ〉のマルゴー15が欲しい時期もあったが、ビジネス向きとは言いづらいし、そもそも手が出せる価格(70万円弱)ではない。〈il micio〉のA-1ブルレザートートも云々かんぬん…

 

f:id:squaredjackets:20240330222903j:image

そんな前段を挟みつつ、土屋鞄の〈ブラックヌメ〉シリーズより、ブックトートを買った。発売直後から気になっていたシリーズとはいえ、いわゆる衝動買いである。妻がmameのドレスを買ったせいだ。

簡素な造りのアイテムを愛する性分としては、やっぱり仕事用であろうがデザインはミニマルであってほしいなと感じていた。

あちこち色んなビジネスバッグを見つつ、予想通りではあるけれどヨッシャ!となるバッグは少ない。特にハンドル(本体との接合部)のデザインに納得感のあるバッグは僅少で、ロゴやジップやポケットも加味すると脳内選考の一次審査も通過しないバッグばかり。毎回この話ばかりして申し訳ないんだけど、やっぱり国産のバッグになると「大和魂」が出過ぎてるブランドが多いのよ。そのディテール全く要らんな〜!ってのが。

 

f:id:squaredjackets:20240330223006j:image

ブラックヌメ ブックトート

ランドセルメーカーとして始まった土屋鞄。半世紀も革製品を扱ってきた歴史もあり、縫製や造りは美しいと思う。

トート/ブックトート/スクェアバッグ/ショルダーバッグが展開されている〈ブラックヌメ〉シリーズの良いところは、徹底的にディテールが削がれているところ。

たとえば、ハンドルは全て本体の内側に縫い付けられているため、根っこのパーツが表にこない。その分のステッチは表側に横一文字で走るが、これは寧ろワンポイントのデザインとして好み。MM6っぽい。また表面にはロゴが一切なく、デザイン面において「ここは…」と気になる部分がない。持ち手も太くて丸くて、軽い力でも握りやすいデザイン。硬めの芯材が入っているので、手を離してもダランと崩れない。

仕事用で使う場合、ジッパー付きでフタのできるスクェアバッグを第一候補にしていたが、意外とマチが狭く、会社支給のレッツノートを入れたならば容積の70%は埋まってしまいそうな造り。とても可愛くてミニマルな見た目なのに惜しい!ビジュアルは満点だが…

 


f:id:squaredjackets:20240330223019j:image

f:id:squaredjackets:20240330223023j:image

どちらの向きで担いでもOK。

ブックトートは名前の通り、本を閉じた際の形を再現した左右非対称の見た目をしている。元の何もない素なビジュアルに、ちょっとしたデザイン上のアクセントが加えられている。

容量は十分で、財布・手帳は当然として、マイボトル・A4サイズの書類など、手持ち鞄に入れたいと思いつくものなら大抵は入る。13インチのノートPCなら横向きでもスッポリ収まる点は魅力的。

左右対称で端正な作りの通常版トートとは最後まで悩んだものの、よく見かけるレザートートの類より一回り小さいフォルムの過不足なき印象が好みで、ブックトートを購入した。通常版トートより少しだけ取っ手が短いので肩掛けはギリギリだが、手持ちにしても地面に擦らずに歩けるサイジングで、この辺のバランスも非常に好印象。

 

f:id:squaredjackets:20240330223826j:image

小声でしか言えないが、ブラウン系ヌメの経年って苦手だな〜と…

あの生成りカラーで、経年と共に色が深くなってくるイメージのヌメ革。変化を楽しむって意味ではわかりやすくて面白い革だけど、段々と濃淡差が強くなり、(口の悪い表現だけど)汚く見えるというデメリットも感じる。

黒いヌメ、ブラックヌメはどうだろう。元から真っ黒なので、改めて濃淡が付くことはないと思う。クリームを入れつつ、少しずつ輝きを増していくようなイメージかな?ボックスカーフでもブライドルでも、大体の革は使い込むほどにピカッと光るから、このブラックヌメも終着点はビカビカ系かもしれない。

かなり張りのある硬めの生地で、トラや小傷はあるもののキメ細やかで革質が良く、価格以上の満足感がある。カバンに関して言えば私の好物はスムーズレザー。どうしてもシボ感が強い革の順位は下がってしまう。(イルミーチョのA-1トートを選ばなかったのもこのため)

 


f:id:squaredjackets:20240330223907j:image

f:id:squaredjackets:20240330223903j:image

内側はピッグスエードで、両サイドとも取っ手の根元に小ポケットがある。底鋲もあくまでも自立を支えるためのもので、床置きでコバは常に地面と接する点に注意。おかげで安定性は高い。

あの〜、常々「何にでも使える物は、何にも使わなくなる」とか言うてるんですけども、このブックトートって普段使いにも完璧や思うんですよね。明らかにオン向けのスクェアバッグを選ばなかったのも、オフにも使いたいなという色気が出てしまったからなんですね。そこは素直に認めます。オホン。

今までオフの日はリュックか斜め掛けのショルダーバッグだったので、こんなレザートートってのは初買いになる。あんまり背負いたくないな、斜め掛けしたくないなって日にトートって選択肢はスンゴくありがたいなって気付いた。スーツは勿論として、夏はTシャツにチノに革靴+ブックトート、そんなんも大アリ。

 

f:id:squaredjackets:20240331000339p:image

iPhone 15の切り抜き精度は12より随分と良くなった。

ドが付くクラシックなスタイルから見れば、随分とカジュアルで半端なバッグであるには違いない。その手の「ザ」なスタイルには指向しきっていない今、個人的に良い落とし所にあるアイテムかなと。

最近足が疲れるので革靴は滅多に履かなくなってしまったけれど、このトートはいっぱい担いでいきたい。どんな風に変化してゆくのかも、またお伝えできればと思います。最近、あんまり過去購買品の振り返りやってないね。ちゃんとやりたいとは思ってるんだけどね。

いや〜、それにしても衝動買いとしては自分比で結構な出費だったな…でも納得いく買い物体験、大満足です。

 

合わせたいスーツ↓

京都イージーのシルバータグTシャツ。

f:id:squaredjackets:20240309123901j:image

怖いもの見たさじゃないけど、怖いもの買いたさってあるじゃないですか。デファクトスタンダードみたいなのがあって、これを買えば幸せの確度が高いことが保証されているのに、あえて同じ値段の全然違うブランドに手を出しちゃう、そんなの。

 

京都イージーというTシャツ屋さんがある。どんなTシャツ屋かって、そりゃホームページを見れば一目瞭然。夥しい情報量、目がチカチカするほど文字が多い。京都の衣類店で生まれ育ったおっちゃんのTシャツに対する情熱が込められた蒸し暑い文章に、誰しもが気圧されること間違いなしだろう。

Fruit of the loomとUnited Athleの公認販売店でもある京都イージーは、オリジナルのTシャツも多数リリースしている。レーベルは様々だが、基本的には国産であることを強くアピールしている。とはいえ、国粋主義(≒ザ・大和魂)のあまり他国製を否定したり、他メーカーを貶したりといったことは極めて少ない。つまり文章量の多さは愚痴や誹謗ではなく、単に自社製品への愛に起因している。癖が強い割にフラットな見方で物作りに向き合っている点に、私は好感を持った。

なんだったら品質vs価格面で国産では絶対に実現できないという理由で中国製のオリジナル品もリリースしているし、フルーツやアスレも取り扱うに値する理由をしっかり述べた上で販売&オススメしているしね。

 

f:id:squaredjackets:20240309180651j:image

今回買ったのはオリジナルである"nuts"レーベルのシルバータグ。ベース価格は3,990円で、タグ無し版だと500円安くなる。インナー用として3,490円というプライスゾーン、今までほとんど買ったことは無かったかな。

例によって商品ページも情報量で溢れているので掻い摘むと、40番手の双糸を度詰めで編んだ、約6オンスのコットン100%天竺生地。

 

f:id:squaredjackets:20240309180714j:image

旧式織機でゆっくり、しかし度詰めなのでテンションをかけてギッシリと編む。明記はされていないが、ページ上の情報から和歌山のメーカーで編んでおり、なおかつ織機の写真が掲載されていることから、いわゆる吊り編み生地だと思われる。表面に不均一な凹凸感があるが、ザラつきは無く柔らかい。また洗って乾燥させて目を詰まらせると真価を発揮しそう。というかTシャツって500円の安物でも新品状態はめちゃくちゃ手触り良いしね、一度洗ってからが本番よ。

同じ吊り編みTシャツとなるとGraphpaperの定番で8,000円、WASEWとかでも5,000円オーバーなので、割と3,490円ってバーゲンプライスではある。糸や縫製の仕様を含めてのトータル勝負だから、単純比較はしちゃいけないけどね。

 

f:id:squaredjackets:20240309181358j:image

首の詰まりもビタリ。リバースウィーブとよく合う。シャツと合わせることを考えると、あと数ミリほどリブが細いのが好みだけど許容範囲。

結局は上に何かを着る前提なので、肝心の着心地は「あまりよくわからない」のが正直なところではあるけれど、少なくとも安っぽいオープンエンド系のザラつきやチクつきは全く感じられない。ストレスも何も一切合切を感じないということは、それだけ着心地がフリーだということでもある…?

シルケット加工ほど滑らかではないけれど、スムースな手触りのTシャツにありがちな着た際のヒンヤリ感が無いので、秋冬も問題なく着たいタイプ。オールシーズンOKな、まさに「ちょっと良い肌着」として素晴らしいポジショニング。

あとは洗いを繰り返して、1〜2シーズン使った際のヨレや劣化具合との相談にはなるけれど、個人的にコットン100%の肌着は無印とユニクロをやめて、今後コレで統一してしまっても良いような気がしている。(アウターTシャツはビーフィーとユニクロUの定番Tで良いかなと)

 

繰り返しになるが、あまりにも暑苦しいホームページに対して、思いのほかニュートラルなおっちゃんという点が面白い。

有名どころのTシャツに飽きてきた方、一発どうでしょう。

日記ちゃん。帰国太郎。(2024/2/18)

f:id:squaredjackets:20240218224206j:image

アメリカ行ってました。今日帰ってきたんですけど、飛行機の気圧と乾燥で喉と頭が破壊されて辛い。コロナに罹患した時ぐらい辛い。

旅程はフロリダのウォルト・ディズニー・ワールドを制覇するもので、妻と友人夫婦の4人で渡米。

 

f:id:squaredjackets:20240218224559j:image

毎日15kmぐらい歩いたおかげで、アメリカ飯のボリュームに対して体重はほとんど増えず。

Dオタの友人が徹底的な段取りを組んでくれたおかげで、アニマル・キングダム、マジック・キングダム、ハリウッド・スタジオ、エプコットの4パークを遊び尽くせた。ジーニープラスによるライトニングレーン(ファストパス)も使いつつ、乗りたいアトラクションは全て堪能できたのではなかろうか。

ディズニーの話は、また小分けにしつつご紹介できれば。

 

f:id:squaredjackets:20240218224948j:image

個人的なハイライトの一つは、フロリダにあるNASAのケネディ宇宙センターの訪問見学。

本チャンの研究員やパイロットがいるのは厳重な警備の向こうにある敷地内で、そこはバスツアーでしか見れなかったけれど、遠めながらロケットの格納庫や打ち上げ台も見れて大興奮。

 

f:id:squaredjackets:20240218225425j:image

現存するシャトルの一機、アトランティス号もココに。

あとは言ってしまえば科学センター的な観光施設なんだけど、実際に打ち上げられたロケットやシャトルの現物が目の前にあるというのが信じられなくて、ロマンに胸がアツアツだった。

妻が好きな『宇宙兄弟』のアニメ版を私も一気見したこともあり、たまらなく嬉しい見学会だった。

 

f:id:squaredjackets:20240218230007j:image

米インテュイティブ社のNova-C IM-1を積んだ、SpaceXのファルコン9の打ち上げ。赤点がそれ。

さらにさらにさらに、ちょうど滞在期間中はSpaceX社によるロケットの打ち上げ予定も重なっていた!嬉しすぎる!

ある日の昼間には軍事衛星の打ち上げが一度あり、その際は飛行機雲のような淡い白い線でしか確認できなかった。

別の日の深夜、一日の遅れを挟んで民間企業初となる月面着陸を目指す無人宇宙船の打ち上げが実行された。仮眠から起きいそいそ妻と部屋を抜け出し、東の空に目を凝らすと、赤い火球が空に向かって上がっていく様子がハッキリと見えた。

そりゃ今年に入ってからフロリダだけで既に10回近くロケットは打ち上げられているので、ロケットの発射自体それほどレアなイベントではないんだけどもね。それでも夢みたいな光景だなぁとしんみり。一日数万歩の疲れも吹き飛ぶ、最高の体験だった。

 

f:id:squaredjackets:20240218231337j:image

NASAはお土産も魅力的で、人に渡す分を含めて2万円分ぐらい買い込んでしまった。中でも気に入っていたのがコレ。

リバースウィーブにカレッジロゴ風プリントがされた、マーチとして本当に言うことがない最高のスウェット。これで65$、マジで最高にキツいドル円レートとはいえど1万円ちょっきり。普通にUS企画のリバースウィーブを買うとしたら1万円以上するので、めちゃくちゃ安いとすら感じる。とても着やすいデザインで、公式お墨付きという点もマル。

各企業やスポーツチーム、こういうの出せば売れると思うんだけどもな〜と考えつつ、チャンピオンボディだと2万円は下らないだろうから難しいところ。

 

f:id:squaredjackets:20240218232436j:image

ハンバーガー、美味しすぎる。

そんなこんなでNASA最高です。子どもの頃、宇宙飛行士になりたかった時期はあったと思うし、図鑑とか読み漁ってたな。でも月面には人の顔に似たクレーターがある!みたいな写真を見て怖くなっちゃって、そこから宇宙は諦めた気がする。

今になってまた宇宙かっこえー!みたいな感情が湧いてくるけど、航空宇宙工学をやっている人間の知能に追い付くのは私には無理かもと、また諦めた。ファルコン9の第一ブースターが地上に縦向きで帰ってくるの、動きが気持ち悪すぎるもん。イーロン・マスク、エグいよ。

そうはならんやろ。

asicsのGEL-NYC Ivy/Smoke Grey。

f:id:squaredjackets:20240129162251j:image

asics(アシックス)のGEL-NYC。

アシックス。中高生の頃、運動靴として履いたことあったかな?なんにせよ、意識して買うのは初。

体感では靴を買いまくってるんだけど、思い返すとスニーカーは22年に買ったTomorrowland別注のBWARMYが最後。その後はクラークスのワラビー、ウエストンの598、ビルケンのボストンとレザーシューズが多い。スニーカーはチョー久しぶりってわけ。

 

f:id:squaredjackets:20240129162458j:image

asics GEL-NYC "Ivy / Smoke Grey" 27.5cm

ウォーキング系シューズはニューバランスのM991NV、M2002RE、リプロのロシアントレーナーで飽和しているんだけども、なんせ2,3年も保有しているスニーカーたち。そろそろ下駄箱の清涼剤も欲しくなってくるじゃない?と言い訳しながら購入。

99X番台の復刻や2002Rでニューバランスが覇権を取り、少し前からはXT-6でサロモンが爆上げし、そしてアシックスが追随している。

割と一般層にも普及しているであろうゲルライトⅢやゲルPTGもあれば、欧米的なモード(バレンシアガっぽいというか…)感のあるゲルカヤノ14やゲルニンバス9のように、幅広いジャンルのスニーカーがラインアップされているという印象。チープカシオよろしく、地方の量販店でも買えるU-5000円の手頃なランシューを愛好する界隈もある。

 

f:id:squaredjackets:20240129162554j:image

一目でアシックス(オニツカタイガー)と分かる、通称アシックス・ストライプ。

ゲルNYCは23SSから登場したモデルで、過去作(ゲルニンバス3、ゲルキュムラス16 etc.)を融合して生み出されたデザイン。こうした融合のノリと価格設定、ビジュアルも相まってニューバランスの2002Rに近い雰囲気を感じる。

単色カラーがなく、どうもゴタついてるような配色ながらもまとまりが良く見える点が好き。このへんはニューバランスとアシックスどちらも上手くて、カタログを眺めているだけで楽しめる。

 

f:id:squaredjackets:20240129163346j:image

スウェード、合皮、メッシュの組み合わせ。わかりやすくテカテカの合皮。

今回、新色としてリリースされたアイビー/スモークグレーを買った。

リリースから1週間経っていてほとんどのストアが品切れだったが、たまたま27.5cmが一足だけ残っていたストアを見つけたのを、これ幸いとゲットした。

ゲルNYC自体も動きは早いようだが、同時に発売されたグラファイトグレー/スモークグレーは更に人気で在庫がない。アッパーがワントーン暗く、メッシュが濃いめのグレーで引き締まった見た目なのが心に刺さりやすいのだろう。

 

f:id:squaredjackets:20240128231601j:image

日本古来の色名で言うならば、裏葉色や若緑色が好物。こういうので可愛いアイテムがあったらお教えください。

特に深いエピソードがあるわけではないが、淡めのグリーンが大好きだ。気がつくと食器類もこの系統の色ばかり選んでいる。iPhoneだって、わざわざ2台連続でグリーンを選ぶぐらいには好きなカラーリングなのだ。ロスアパでもアトランティック・グリーンなんて近しいカラーリングがあったり、意外と世界共通で愛される色っぽいよね。

直接身につけるアイテムとして、このカラーリングを選ぶのはおそらく初めてかな?ボッテガベネタの明るいパキッとしたグリーンも嫌いではないが、やはり"くすんだ"グリーンにこそ強く惹かれる。

 

f:id:squaredjackets:20240129163632j:image

インソールのロゴも緑で可愛い。

故に、このゲルNYCは手に入れておかねばならないと思った。こういう一発芸感のあるグリーンの靴なんて上手に合わせられるのか?と思いつつも、買ってから考える!と楽天市場を駆け抜ける手は止まらなかった。

黒のスニーカーだと重いけれど、白だと軽快すぎる、そんなシーンで活躍するんじゃなかろうか…と思って買ったベージュの2002Rは通勤用でしか履かなくなったので油断はできない。(あまりに不人気すぎてアウトレット落ちしてた)

 

f:id:squaredjackets:20240129163715j:image

懐かしい触感。

ビジュアルもさることながら、アシックスに期待している重大な要素が歩き心地。ソール各所に見える、プニッとした柔らかなゲルこそが名前の由来。いわゆるα-GEL。落ち着きのない僕らが授業中に弄くり回していたシャーペン、あのアルファ・ゲルである。このゲルによる衝撃吸収が足元をサポートしてくれる。

また見た目の割には本体がとっても軽く、手持ちのスニーカーでも最軽量の部類。まだ試着程度のため歩行の楽さ・疲れにくさは未評価だが、ニューバランス(ABZORB)との差異を含め、これからたくさん履いて確かめてみよう。

 

f:id:squaredjackets:20240129165550j:image

後ろもゲル。

ニューバランスやサロモンの人気モデルほど即完というわけでもなさそうだから、欲しいカラーリングが出たタイミングで一足どうでしょう。